HOME > 【会員向け】World Congress of Malacology 2019 における若手研究者の発表への助成(3月28日まで締切延長)

新着情報

【会員向け】World Congress of Malacology 2019
における若手研究者の発表への助成(3月28日まで締切延長)

World Congress of Malacology 2019(The 20th International Congress of Unitas Malacologica)における若手研究者の発表への助成について

2019年1月25日 日本貝類学会会長 大越健嗣

日本貝類学会平成30年度第2回評議員会において,World Congress of Malacology 2019 (WCM) での研究発表に対する渡航・宿泊・参加費の助成が可決されました.これは,学会員の国際的な活動を促進すると共に,同大会に於いてより多くの優れた発表が行われることを目指したものです.対象となる方は,下記要項をご参照の上,奮ってご応募ください.なお,本年5月19日貝類学会総会での平成31年度予算案審議において本事業が認められない場合,助成は実施できませんので,予めご承知おきください.

大会開催期間: 2019年8月11日から同16日

大会開催場所: Asilomar Conference Grounds, Pacific Grove, カリフォルニア

大会の詳しい情報: https://www.calacademy.org/world-congress-of-malacology-2019

助成対象人数と助成額: 3名に対して各20万円(上限,渡航・宿泊・参加費として)

応募資格: 日本貝類学会に所属する若手研究者で,他の助成金を含む研究費のみによる旅費支出が困難な方.他研究費との合算を可としますが,旅費総額を必要最低限に留めるよう努力ください.若手の範囲は特に定めませんが,大学院生あるいは学位取得からの年数の短い方を優先することがあります.また,大会開催後,研究連絡誌「ちりぼたん」に参加報告記事を執筆頂きます.

応募方法: 1)現所属と職名あるいは学年, 2)取得学位と取得年, 3)推薦者の氏名と連絡先, 4)支出予定明細, 5)他の研究費のみによる渡航が困難である旨の状況説明, 6)各種研究助成金受領歴・受領予定, 7)研究業績リスト, 8)WCMでの予定講演題,発表様式(口頭/ポスター)およびアブストラクト(max. 250 words),の8点について単一のWordファイルにまとめ,電子メールにて日本貝類学会事務局(manager●malaco-soc-japan.org)宛に送付下さい.書式は自由です.

応募期限: 2019年3月28日(締切延長)

審査結果: 4月1日までに応募者に通知します.助成金受領者は4月15日までに必ず大会参加・講演手続きを行ってください.上記総会審議で可決次第,助成金の振込みを行います.大会開催後,航空半券・宿泊費・参加費等の領収書を添付した報告書の提出と,ちりぼたん寄稿をお願いしますので,ご了承下さい.

  • バナー:Venus
  • バナー:ちりぼたん
  • バナー:東日本震災関連事業
  • バナー:団体会員一覧
  • バナー:リンク集
  • バナー:お問い合わせ