HOME > 【参加募集】2/28(水) 国際ABSワークショップ「マレーシア・サバ州の遺伝資源の取得と利用」

新着情報

【参加募集】2/28(水) 国際ABSワークショップ
「マレーシア・サバ州の遺伝資源の取得と利用」

2024年2月1日

平素より大変お世話になっております。
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームです。

この度、国立遺伝学研究所ABS学術対策チームは、2024年2月28日(水)14時00分から、
2023年度国際ABSワークショップ「マレーシア・サバ州の遺伝資源の取得と利用」を
開催いたします。

マレーシア サバ州は、生物多様性にに富む地域であり歴史的な経緯もあり、
サバ州独自の遺伝資源に関する法律・規則を持ちアクセスと輸出手続きの
実際の許可申請方法が整備されています。
このたび、サバ州の生物多様性センターよりオンラインでご講演を頂きます。

チーム一同、皆様のご参加をお待ちしております。
また、関係者様への周知にご協力頂けますと、大変幸いに存じます。

          - 記 -

【日時】 2024年2月28日(水) 14時00分-15時30分(日本時間)
【会名】 2023年度国際ABSワークショップ
「マレーシア・サバ州の遺伝資源の取得と利用」
【講演者】 講演①Dr.Gerald Jetony サバ⽣物多様性センター
      講演②Ms.Alessandra Markos サバ⽣物多様性センター
【講演内容】・サバ生物多様性センターの紹介
      ・サバ州生物多様性法2000について
      ・サバ州でのABS実施状況
      ・アクセス/輸出許可申請手続き(概要)
      ・PIC
      ・伝統的生態学的知識の文書化プロジェクト
【配信方法】 zoomウェビナー
【参加登録】 下記URLよりご登録下さい。

https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_WDDeejF5RhWM4LFgJxi8sA

【視聴方法】
参加登録時に記載したメールアドレスに届く登録完了メールにある、
  「ここをクリックして参加」よりご参加下さい。
  13時45分から接続可能です。(接続確認をお願いします。)
  13時55分迄に参加をお願いします。

【資料入手方法】
リマインドメール(セミナー開始1時間前に送信予定)に、資料ダウンロード方法を記載します。

【事前質問のお願い】
参加登録時に、「質問とコメント」欄を設けています。
本会やABS学術対策チームに関するご質問、ご要望等がございましたらご記載下さい。

【言語】 日本語⇔英語の同時通訳あり

【お問合せ先】
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム
 〒411-8540静岡県三島市谷田1111
 TEL: 055-981-5831 FAX: 055-981-5832
 e-mail: abs [at] nig.ac.jp ( [at] は半角の@に置き換えてください。)
 URL: https://idenshigen.jp/

【詳細URL】
https://idenshigen.jp/2024/01/19/news20240118/

皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。

  • バナー:Venus
  • バナー:ちりぼたん
  • バナー:東日本震災関連事業
  • バナー:団体会員一覧
  • バナー:リンク集
  • バナー:お問い合わせ